2017.01.16:SSB

SSB1 3 people

To不定詞について取り扱いました!

名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法と3つの用法があると

中学時代ややこしいと思った記憶がありませんでしょうか・・・?

体系には則りつつ、あまり文法を気にしすぎず、さまざまなTO不定詞の例文を見ていきました。

Can I have something to eat?

I got up early to jog in the park.

I recently started to jog.

慣用表現も見ていきました

In order to ~するために I have got to study hard in order to pass the exam.

seem to ~のよう He seemed to be angry.

appear to She appears to be sick.

happen to たまたま~する I happen to see my friend in the park.

他にも、

To tell the truth,  To be concern, To be honest, 等々

不定詞で使われている場面を挙げるとキリがありませんね。

ぜひ、今回取り扱ったのをきっかけにTo不定詞に注目してみてくださいね^^

広告

2018.01.05 Saturday: SSB+パターンプラクティス

新年明けましておめでとうございます!
今年もどうぞ宜しくお願い致します^^

SSB1 1 person
SSB2 2 people
パターンプラクティス 1 person

SSB1&2
今回はお餅についての新聞記事を使いながら、文法事項を見ていきました!

◯ハイフンの使い方

ハイフンを使うと形容詞化することがあります。
hard-to-eat, snow-covered等
これを使うことで意味が明確化したりするので、どしどし使ってみてほしいです。
man eating shark 人食い鮫なのか、鮫を食べる人間なのか区別が付きません。
けれど、ハイフンを使うと man-eating shark 人食いざめ man eating-shark 鮫食い人間
意味を確定させることができます。
e-mailやT-shirt等の名詞にも何気なく出てくると思うので、少し注目していただければ嬉しいです。

◯stuck in の使い方
行き詰まる 動けなくなるという意味です
例えば 
I am stuck in a traffic jam. 渋滞に巻き込まれた
Japan has been stuck in recession for over 20 years. 日本は20年以上の不況にある

◯run-up
普通ハイフンのないrun upは駆け寄る等の意味になります。
He ran up to me. 彼は私に駆け寄ってきた
His debt ran up to 100 dollars. 彼の借金は100ドルにも及ぶ。
一方(the)run-upは準備期間や助走、そして急増という意味で用いられます。
run-up time 助走時間
The bitcoin value had a fast run-up. ビットコインの価値は急上昇した

パターンプラクティス
文章中にも出てきたlikely について触れました。

ありそうしそうという可能性を表します。
例えば、
He is likely to get promoted.
It is likely to rain.

可能性を高める修飾はmostです。
He is most likely to live to be 100.

それでは、皆様また来週。

2017.12.26 Tuesday: SSB

SSB 1 person

SSB 1 person

レッスン来てくださりありがとうございました!

助動詞shouldについて掘りました!

以前は、shouldの義務について注目しましたが、今回は、

推測の役割について特に重点的に見ていきました。

例えば、

He should be arriving at the airport in two minutes.

彼はもうすぐ空港に着くはず。

She should be home by now.

彼女は今頃家だろうね。

このように用いられます。

もう一つは、shouldを用いたするべきだった…という表現です。

I should have done my homework before she came.

それではこのへんで

 

 

2017.12.19:SSB

SSB1 1 person

SSB2 0

現在形と現在進行形の違いを見ていきました。

現在形が現在といいつつも習慣や事実を表すのに対して、

現在進行形は、今や今を含む在る期間内のこと、または近い将来を示します。

実際の文章では、

I work at the office.

I am working at the office.

現在進行形では、一時的なニュアンスが加わります。

I go to school.

I am going to school. (=I will go to school)

自分で文章を作る時や、本をよむとき

この視点を少し覚えていただけると嬉しいです!

それでは^^

2017.12.16 Saturday:SSB +パターンプラクティス

SSB1 3 people

SSB2 2 people

パターンプラクティス 3 people

レッスン来てくださりありがとうございました!

SSB 1

現在完了形と現在形は何が違うのかを中心に、現在完了形の様々な文章を作ってみました!

では、現在完了形と現在形端的に何が違うのかというと、現在完了形は今と繋がって、動作の結果を示唆する役割があります。

例えば、

I have lost my umbrella.

I lost my umbrella.

先の現在完了形は今も傘を持っていませんが、過去形はそれが分かりかねます。

このように、ちょっとしたニュアンスが違います!

現在完了は経験や結果などなど役割があると学んだことは在ると思いますが、あまり気にせずにニュアンスで掴んでもいいかもしれません。

では、復習がてらに、何が違うのか以下の文章考えてみて下さい。

I was in Canada for 3 weeks.

I have been in Canada for 3 weeks.

I have been to Canada for 3 weeks.

SSB 2

完全にトピック変わり分詞について取り上げました。

a stolen watch

the girl standing next to me

など、現在分詞、過去分詞は前からも後ろからも修飾します。

文章の情報量が増えたりするメリットがあります。

文章を理解する上で、少し知っておくと混乱することが少ないのではと思います。

パターンプラクティス

お願いする時の疑問文

Could you do me a favor?

から

I was wondering if…

のフレーズを扱いました。

後は、ついでに
I wonder if , I wonder (だろうと思う)

を実際使ってみました。

お願いするときに、

I wonder if you would do me a favor?という言い方も可能ですね。

 

2017.12.12 Tuesday:SSB

SSB1 1 person

SSB2 0

投稿遅れてしまって恐縮です!

仮定法の簡単なものを見ていきました。

If+主語+動詞の原形, 主語+will+動詞の原形

この定型は、①不確かなものや②注意しなければならない時に用います!

例えば、

①If I have time, I will come with you.

②If you are late, you will be in  trouble.

仮定法は他にも様々なややこしい形がありますが味方にしてしまえばこっちのものです!

それでは^^

2017.12.05 Tuesday: SSB

SSB1 1 person

SSB2 0

来てくださり有難うございました!

先週の続きを少々^^

SSB1

第4、第5文型は使役動詞のときもよく使われます!

ただ、始めの目的語の後の動詞は、必ず原型です。

I made him go to US.

使役動詞の強さを確認しましょう。

make>have>let-getです!

何となく頭に入れておくと便利かもしれません。

後は、例文の中で出てきた表現について掘ってみました。

「afford」です。買う余裕があるという意味です!

I can afford a new car.

I cannot afford to pay the bill.

That car is affordable.

使う場面もあるかと思うので、ぜひ頭の片隅に!

それでは、また来週!

 

2017.11.28 Tuesday: SSB

SSB1 2 people

SSB2 0

レッスン来てくださって有難うございました!

SSB1

今日は、第4、第5文型を題材に、知覚動詞を少し掘り下げてみました!

第4文型は、SVOC 目的語(O)と補語(C)イコールで結べます。

第5文型は、SVOO 目的語が二つあり、だいたい主語と述語の関係に立ちます。

それでは、何問か見分けてみて下さい!

1)I will buy you a present!

2)She made me mad.

知覚動詞は、5感に関係する動詞です。

see, hear, feel, touch etc…

I saw her cry.  I feel my arm ache.

など、第4文型、第5文型どちらもよく用いられます。

また今度使役動詞について扱います!

では、来週^^

2017.11.18 Saturday: SSB+パターンプラクティス

SSB1 2 people

SSB2 2 people

パターンプラクティス 5 people

SSB1 SSB2

under below の違いに注目して見ていきました、

1)位置:どちらも〜の下にという意味を持ちますが、その使い分けをいくつか紹介します。

belowは単純に何かより低い位置にあるときに用いられ、

underは何かに覆われているニュアンスを含みます。

I wear a heat-tech under my sweater.

You have to wear a skirt below the knees.

2)数値

under は〜未満でbelowは〜以下という意味になります。

She is under age. 彼女は未成年です。

People under 20 cannot drink.

I scored below the average.

ここまで共通する項目の違いを取り上げましたが、under にしかない意味に触れてみます。

①影響下

Under the circumstances, I could do nothing.  その状況下で〜

I want to study under the professor.

②未完成 〜途中

The bridge is still under construction. この橋はまだ建設途中です。

My car is under repair. 私の車は修理中です。

The case is under investigation.

では、ついでに最後に、belowを使った慣用表現を1つ。

It’s below the belt!は、それは反則!という意味になります。

 

パターンプラクティス

How shall I put it?どういったらいいですか。

会話途中行き詰まった時の表現を見ました。

How do I put it?と少しカジュアルな表現にすることも出来ます。

他にもちょっとまってねと

Give me a second. Hang on a second. 等の表現も。

ちなみに、How shall I 〜は様々な状況で使用でき、その汎用性は高いです。

How shall I make it? How shall I get it?

shallは相手の状況を慮った丁寧な言い回しなので、ぜひ使ってみて下さい。

 

 

2017.11.14 Tuesday :SSB

SSB1 2 people

SSB2 1 person

 

投稿遅くなり申し訳ありません!

本日も先週に引き続き、前置詞について取り扱いました。

 

SSB1 above/ overの違い

この2つは全て〜の上にという意味を持ちます。

overを重点的に、違いを見ていきました。

overは何かを覆うニュアンスがある一方aboveはそれを含みません。

♫Someday over the rainbow

You cannot wear a skirt above your knees.

それでは確認までに少し問題を…

①He is ( ) me in rank. 彼は私より偉い。

②I flew ( ) the sea to see him. 海を超え彼に会いに飛んだ。

beyondとoverの違いもみました。

どちらも〜超えてという意味になりますが、距離的にはbeyondのほうがoverより大分遠くなります。文を読む時に少し注意して見てくれると嬉しいです!

 

SSB2 of とabout の違いを見ました。

of は関係を明確化する役割を持っています。

Pirates of the Caribbean カリブ海の海賊

a cup of tea

などから少しイメージ持ってもらえるかなと思います。

それでは、いつof とaboutの違いが出てくるかというと、

thinkの後に続く場合です。

think of AはAのことだけ考えていて、think about AとなるとAの周辺事情等も考えます。

ofは範囲が狭く、aboutとなると少しゆるくなります。

この前置詞の違いは、それぞれがよく使われる動詞を見てみると分かりやすいでしょう。

be sure of

be afraid of

be tired of

の一方aboutは

worry about

ask about

talk about

これらの表現はとても頻出なので、ぜひ使ってみてくださいね。

それでは、また👍