2017.11.07 Tuesday: SSB

SSB1 2 people

SSB2 3 people

レッスンに来てくださり有難う御座いました!

最近風邪が流行り出してるみたいなので、皆さんお気をつけ下さい

今日は前置詞シリーズ(?)第一弾、

手段と目的について取り組みました。

SSB1 手段の前置詞

1)移動手段を説明する時に、まっさきに思い浮かぶのは、byだと思います。

I came to lesson by train, by bus, by car etc…

徒歩のon foot だけが例外ですね。

2)その他、手段を表す時にはwithも用いられる場合があります。道具性がある時には、withを使う頻度が高いので、検討してみて下さい。

例えば、

I opened the window with my hand.

Can you eat sushi with chopsticks?

注意する点は、冠詞や所有格、複数形などを伴うということです!

3)Inもまた、手段を説明する際に使用する前置詞です。

I speak in English.

何気なくよく使ってますよね!

あとは、

She signed her name in capital letters.

I would like to pay in cash.

などなど、

このように、前置詞の使用例は数多と存在します。気が遠くなってしまうかもしれませんが、頻出の表現を取っ掛かりに色々な表現にチャレンジしていって貰えると嬉しいです💫

 

SSB2

手段の前置詞の最後、through

I learnt how to cook through lessons.

I learnt how to survive through experiences.

目的の前置詞についても触れました。

I am here for studying English.

I study for making money in future.

for以外にも

I am on business. 出張

なども、目的の表現の1つと言えます。

今日も盛りだくさんでしたね!

それではまた来週👋

広告

2017.10.24 Tuesday:SSB

SSB1 0

SSB2 2 people

 

レッスン来てくださってありがとうございました!

すっかり寒くなって毎日起きるのが辛いですね…

さて、今日は過去分詞のいろんな使い方を見て行きました。

過去分詞は、形容詞の役目を果たす時があります。

Stolen goods(盗品)やreserved seat(予約席)

のように基本名詞の前にくっつきます。

ただ、過去分詞の前にtheやa/anの冠詞や複数形がついているとき、

それ自体で名詞になったりもします。

例えば、the wounded, the retired

よく新聞などでみかける表現ですね。

ぜひチェックしてみてください🌟

後は、恋バナ必須の英語表現について少し触れました!

それではまた来週!

2017.10.17 Tuesday: SSB

SSB 1 2 people

SSB2 2 people

レッスンに来てくださって有難うございました!

SSB1 疑問詞howに注目して行きました!

日常会話頻出how!

how are you?と聞く以外にも、

How are you doing?

How is everything goingなど、いろんな表現が…ぜひいろんなパターンを使ってみて下さいね。

他には、

How +形容詞

How could you…などの表現を見て行きました。

復習問題に…

1) how (  ) is it that building?

2) how ( ) you say such to me.

3) how can I ( ) to the Kyoto zoo from here?

4) how ( ) you ( ). 御機嫌よう

 

SSB 2 why についえ

レッスンの初めに、

先程やったhow+comeでwhyの意味になるということを紹介した後、

Why don’t you や why notの提案の表現を取り組みました。

Shouldより随分軽い表現になります。

例えば、

Why don’t we put off the meeting?

Why not we go to the movie tonight?

そして、本日一押ししていたのが

meet upという表現です!

Let’s meet up for a drink!

We can meet up at the station.

という感じで用います。

ぜひ、よく使うボキャブラリー集の一員にしてあげてください。

それではまた来週✨

 

 

2017.10.15 Sunday:SSB+パターンプラクティス

SSB1 4 people

SSB2 2 people

パターンプラクティス 1 person

レッスンに来てくださってありがとうございました!

SSB1 疑問詞whatの直接表現についてさらっていきました。

疑問詞+be動詞のパターン What is your favorite food?

疑問詞+助動詞+主語+動詞 What would you like to do?

疑問詞+主語 What time is it?

何気なく普段使う構文ですが、返答もそれに対応するとまた👍かもしれないですね。

また、動詞が三人称単数になる疑問文も見ました。

What makes you beautiful? これは疑問詞whatが主語と化しています。

この例文は使役動詞なので、疑問詞whoのver.の方が捉えやすいかもしれません!

Who runs fast? 誰が早く走りますか。

Who plays the piano in this class?

 

SSB2 前の授業で出てきた使役動詞について触れていきました。

使役動詞の強度は make>have/let>getと一般的に言われています。

復習がてらに括弧を埋めてみて下さい。

  1. My boss ( ) me make a presentation for tomorrow.
  2. He never ( ) me wash dishes.
  3. Many mothers find difficulty to ( ) their children do homework.
  4. ( ) me show you the pictures I have taken during my NY trip.

 

パターンプラクティス

意見を誰かに聞く時(カジュアルな場面)を想定しました。

What does that sound?

How do you like it?

It is up to you.

また答え方も、

I will go with the flow.

など様々な表現があります!映画や日常会話など少し注意して聞いてみて下さい(*^^*)

 

2017.10.10 Tuesday:SSB

SSB1 1 person

SSB 1 person

SSB1 いくつかの接続詞をピックアップして取り組みました。

Sinceやas, becauseのニュアンスの違いなどは、いずれも理由を説明するものです。

I have to buy a car since my old one broke down.

As I was a child, I did not know what to do.

接続詞を使うとどうしても文章が長くなってしまいますが、文章を書く上ではとても便利なのでぜひ使って行ってください!

SSB2 To不定詞を使ったよく使う言い回しとその文構造をみました!

To be honest

To be frank

など、何か率直に話すための前置きや、

To be accurate

To tell the truth

So to speak 言ってみれば

会話でも使える表現なので、意識してみて下さい!

それではまた来週

2017.10.08 Sunday:SSB +パタプラ

SSB1 1 person

SSB 2 0 person

パターンプラクティス 0 person

レッスン来てくださって有難う御座いました!

SSB 1: 接続詞について

いつも何気なしに使っている接続詞の、特に時間について取り組みました!

when 〜の時は、whenの後に主語 +述語が続きます。

She was asleep when I calord her.

のように、異なる主語が2つあるときもあれば、

I get angry when I am hungry.

のように、同様の主語が2回出てくる場合もあります。

その他、before, since, until, afterのそれぞれの使い方を整理していきました!

それでは、また来週☀️

 

2017.10.03 Tuesday: SSB

SSB 1: 5 people
SSB 2: 4 people

レッスン来てくださり有難うございました!

本日も助動詞シリーズです。

SSB 1
used to と be used to の違い
前者は過去の習慣を示し、後者は慣れている状態を示します!

復習がてらに訳してみて下さい💫

I used to smoke when I was young.
She is used to hot weather.

SSB 2
Wouldの使い方

ただのwillの過去形というだけではなく、様々な用法があります。

She would not eat lunch. と意思を示したり、

He would often go to movies など、過去の習慣を示します。

もちろん、
Would you mind if~?など、丁寧な場面であったり、
時制の一致や仮定法などでもよく使われていますね。

次にこのような助動詞にエンカウントした時、少し意識してみて下さい!

では、また来週お待ちしてます

2017.09.19 Tuesday:SSB

SSB1 1 person

SSB2 2 people

 

来てくださってありがとうございました。

SSB1疑問詞を整理しよう!

What, which, how, whereなどの疑問詞を体系立てて見ていきました。

疑問詞がそれ1つでどんな意味になるのか、それが文の中でどのように使われているのか…

She is the only one (   ) achieved to finish the homework.

The recipe shows  (  ) to bake a cake.

復習がてらに、何の疑問詞がはまるか考えてみて下さい!

 

SSB2 shouldの使い方

テーマはがらっと変わり、助動詞shouldの使い方です。

shouldとhad betterのニュアンスの違いや、

must, should, など義務を表す助動詞の程度の違いを確認していきました。

shouldには、義務を表す以外に推測として使われることもあります。

You should be punctual.

My boss told me that I should finish this work by the noon.

He should arrive at the airport by now.

2017.08.22 Tuesday: SSB

SSB1 3 people

SSB2 3 people

クラスでは分詞を紹介して行きました!

A girl standing next to the tree

Stolen goods from supermarkets

などのように、現在分詞や過去分詞を用いて名詞を修飾することができます!

Go shopping も分詞を用いた表現の1つです。

I’m waiting with my hands shaking.

The wanted と、the +分詞で、主語になることもあります。

現在分詞、過去分詞どちらを用いるのか選ぶのが難しい時もあります、文脈が違ってしまったりするので気をつけて下さい🌟

確認問題

1.I caught him (crossing / crossed) the street.

2. I tried to cheer the (devastated/ devastating) man up.

ではまた来週!

 

2017.08.16 トラベル英会話+パターンプラクティス

京都は送り火でした〜。皆様無事に帰宅されましたか。

今日も来てくださってありがとうございました。

トラベル英会話 3 people

パターンプラクティス 3 people

 

トラベル英会話

今日は海外のホテルでよく使う表現についてでした^^

“Can I check-in?”

“Can you keep my luggage until I leave?”

“Do you accept the credit cards?”

“Can I extend the check-in time?”

“I left the room key in my room” ”I locked the door without having a key”

海外ホテルあるあるだと思うので、ぜひ使ってみてくださいね〜

 

パターンプラクティス

I wonder if というフレーズをみていきました!

I wonder if you do me a favor.

I was wondering if you could show me the way to the station?

I wonder if she is doing okay in the US.

I wonder if it will be rain tomorrow.

I wonder when she is coming back.

では、また来週(*^^*)