2017.9.18 Monday : SSB

SSB
7:00pm 〜 7:50pm 1 student
8:00pm 〜 8:50pm 1 student

今日は敬老の日でしたね。祝日にもかかわらず、レッスンにお越しいただいてありがとうございました!

SSB1-2:

 

今日はお一人の方とガッツリ2時間プライベートレッスンとなりました。TOEICのスコアアップに向けて勉強されているとのことだったので、僕がオススメしている勉強法で練習しました。

TOEIC対策とは言っても、せっかく時間をかけて勉強するのにテストでしか役に立たないのではもったいないですよね。勉強した表現はぜひ会話の中で使ってもらいたいので、会話に近いリスニングpart 2 (ある人の発言一文に対し、適切な回答をA-Cから選ぶ)の問題で練習しました。

一回聞いただけではわからない問題も、ゆっくり何度も聞いたり、わからない単語や表現を理解した上でもう一度聞くと、最初とは比べ物にならないくらい理解できますよ!

さらに、問題文に近い表現を使って簡単な会話をすることで、「覚える」だけではなく「使う」練習もしました。

例えば、

Where do I get more cups for the water cooler? (ウォータークーラー・ウォーターサーバー用のコップはどこにありますか?)

という問題を解いた後で、教室に置いてあるポットを使って

Where do I get more hot water?

というような文を作ってもらいました。

 

それでは!

広告

2017.9.11 Monday : SSB

SSB
7:00pm 〜 7:50pm 2 students
8:00pm 〜 8:50pm 2 students

今日もレッスンにお越しいただいてありがとうございます!

SSB1:

今日は質問の回答や相槌でYes/Noを使う時の注意点と、嫌いな食べ物について説明してもらう練習をしました。

 

Do you like him? (あなたは彼が好きですか?)

というような質問であれば、yes/noで答えるのは簡単ですね。

 

Don’t you like him? (あなたは彼が好きじゃないんですか?)

のような文では、yes/noでの回答の仕方が日本語とちょっと違います。

 

日本語なら「いいえ、好きですよ」、「はい、彼が好きじゃないです」のように答えられますが、英語だと下のようになります。

彼が好きな場合:Yes (つまり、Yes, I like him. の意味)

彼が好きじゃない場合:No (つまり、No, I don’t like him.の意味)

 

ちょっとややこしいですが、相手の文にdon’t/didn’tなど否定の言葉が入った時は、回答に注意です!

 

残りの時間は、”Is there any food you do not like?”という質問に対して、できるだけたくさんの文で答えてもらう練習をしました。

 

SSB2:

 

お金や時間を「費やす」という意味のspendを使った練習をしました。

まず基本ですが、spendの過去形はspent、過去分詞もspentですね。

 

お金について話す時は、

I spend (金額) on (お金をかけたもの).

 

時間について話す時は、

I spend (時間) on (時間をかけたもの).

といった使い方をします。

 

例:

I spent one million yen on gambling. (ギャンブルに100万円費やした)

I spent 5 days on a report. (レポートに5日費やした)

 

また、spendを使った疑問文と、「spend (時間) -ing」という構文についても勉強しました。

 

例:

How much do you spend on mobile phone per month?

(毎月携帯にいくら費やしてますか?)

 

How long did you spend on facebook everyday?

(facebookに毎日どれくらい時間を費やしていましたか?)

 

I spent a year doing nothing.

(私は1年間何もしないで過ごした)

 

She spent a whole day crying.

(彼女は一日中泣いて過ごした)

 

それでは!

2017.9.4 Monday : SSB

SSB
7:00pm 〜 7:50pm 3 student
8:00pm 〜 8:50pm 6 students

今日もレッスンにお越しいただいてありがとうございます!

SSB1:

今日はknowを使った文を作る練習をしました。knowは「これ知ってる?」とか、「知らなかった」のように、日常生活の中で結構使える表現でした。レッスンの中では、

Did you know that yesterday was a public holiday. (昨日が祝日だと知らなかった)

I don know what to do. (私は何をすべきかわかりません)

のような文を作ってもらいました。

 

SSB2:

この時間は、以前にもやった内容なのですが、wantを使う練習をしました。

wantも日常生活で使用頻度が高い言葉ですので、いろんな文を作って皆さんと練習しました。

簡単な文から徐々に難しくしていって、最終的にはこんな文も作ってもらうことができました。

What do you want me to order? (私に何を注文して欲しいですか?)

When do you want me to call her? (あなたは、私にいつ彼女に電話して欲しいですか?)

How many lessons do you want to take? (あなたはレッスンを何回取りたいですか?)

 

それでは!

2017.8.28 Monday : SSB

SSB
7:00pm 〜 7:50pm 0 student
8:00pm 〜 8:50pm 1 students

今日もレッスンにお越しいただいてありがとうございます!
SSB2:

今日は道案内の練習をしました。

VELCOのすぐ前の道や、DAIMARUの近くで外国人に道を聞かれるという状況を想定して、目的地に案内してもらいました。

道案内の英語表現といえば、

How can I get there?

I’m looking for 場所・もの.

といった言い方がありますが、京都に来る外国人の方は地図を持っていることが多いので、

Where I am on this map? (この地図上で、わたしはどこにいますか?)

という言い方も織り交ぜて練習しました。

 

それでは!

2017.8.21 Monday : SSB

SSB
7:00pm 〜 7:50pm 2 students
8:00pm 〜 8:50pm 4 students

今日もレッスンにお越しいただいてありがとうございます!

SSB1:
今日は、次のような文に沿って、皆さんに色んなものの宣伝に使える言い方を練習してもらいました。

[A] is (a) perfect [B] for [C].

AはCにとって完璧なBです。(例:牛乳は赤ちゃん牛にとって完璧な栄養源です。)

 

[C] cannot [D].

CはDできません。(例:赤ちゃん牛は、牛乳なしでは成長できません。)

 

[A] has [E] what [C] need.

AはCに必要なEを持っています。(例:牛乳は、赤ちゃん牛に必要な全てを含んでいます。)

 

It is a great pleasure to [F] you [G].

あなたにGをFするのは、大きな喜びです。(例:あなたに私たちの牛乳をお届けするのは大きな喜びです。)

 

実はこれ、僕の家にあった牛乳パックに書いてあった文が元になっているのですが、AからGを別の言葉で入れ替えると、色んなものの宣伝に使えます。

今日は、みなさんにフルーツがお肌に良いこと、2Bの鉛筆が絵を描くのに良いこと、またお仕事内容の宣伝になるような文を作ってもらいました。

 

SSB2:

今日はwantとaskを使う文の練習をしました。wantは「〜が欲しい」、「〜をしたい」、「〜をしてほしい」といった生活に密着した言葉なので、ぜひ使い方をマスターしてください。

“I want to〜 (私は〜したい)”という文は皆さんよく使われると思いますが、”I want (人) to 〜 (人に〜してほしい)”という文はちょっと慣れが必要ですので、色んな文で練習しました。

また、この”I want (人) to 〜”と似ている文で、”I ask (人) to 〜 (人に〜するようにお願いする)”といった表現も実際の会話で使えますので、ぜひ合わせて覚えてくださいね。

それでは!

2017.8.7 Monday : SSB

SSB
7:00pm 〜 7:50pm 1 student
8:00pm 〜 8:50pm 1 student

今日は台風の中、一人の生徒さんにお越しいただきました。ありがとうございました!

SSB1-2:
今日は2時間かけて、「スポーツをしますか? (Do you do any sports?)」、「趣味は何ですか? (What do you do in your free time?)」について聞かれた時の回答について練習しました。

こういった質問に、”I play baseball.”とか”I like listening to music.”までは答えられても、それだけだと会話が終わってしまいます。

日本語で話す時であれば、「週に○回くらいやっている」、「友達に誘われて始めた」といった事も言えると思うので、それを英語で言ってもらいました。

それでは!

2017.7.31 Monday : SSB

SSB
7:00pm 〜 7:50pm 1 student
8:00pm 〜 8:50pm 3 student

今日もレッスンにお越し頂きありがとうございます!

SSB1:
今日は5W1Hから始まる質問文を使いまくるという練習をしました。

5W1Hというと、whichやwhoseを挙げてくれる方もいらっしゃるのですが、what, where, when, who, why, howでしたね。

これを、What is you name? のような簡単な形から、過去形、「〜できる」のcanと組み合わせて、たくさんの疑問文を作ってもらいました。

SSB2:
会話で使える優秀な動詞として、think, want, know, askがあります。
これらの使い方や、ちょっと複雑な文の作り方まで覚えてもらえると、実際に会話するときにすごく役に立ちます。

本当は上の4つの動詞をなるべくカバーしたかったのですが、時間の関係でthinkだけになってしまいました。
また今度、今日できなかったwant, know, askについても練習してゆきたいと思います。

それでは!

2017.7.23 Monday : SSB

SSB
7:00pm ~ 7:50pm 1 student
8:00pm ~ 8:50pm 2 students

今日は祇園祭の後祭りでしたね。夕方VELCOに向かう途中、お神輿が通るのを見かけました。今日も蒸し暑い中レッスンにお越しいただいてありがとうございます!

SSB1:
There are a lot of things to do. (やる事がたくさんある)
という文をもとにして、単語を入れ替えると色んなことが言えるようになりました。

There areの部分は、対象が単数か複数か(there is/are)、過去形 (there was/were)、疑問(is/are/was/were there)で変化します。
「〜がある」をあらわすthere is/areですが、全く無い場合はThere is no …、またはThere is nothing to …になりました。

to doの部分はwatch, say, play, recommendなどの動詞で置き換えられます。
things to doから置き換えると、topics to talk, places to go,なども使うことができますね。

 
SSB2:
「朝ごはんに何を食べますか?」、「嫌いな食べ物は何ですか?」といった質問を英語でされた時に、「パンです。」、「納豆が嫌いです。」だけじゃなくて、もっとたくさんの事を答えて貰えるように練習しました。

聞かれた事にダイレクトに答えるだけではなくて、その理由や補足になる情報を加えてもらうと、長い文章が作れますし、会話を続ける助けになります。今日作ってもらった文に、こんなものがありましたね。

I usually eat mitarashi dango for breakfast, because it is the cheapest. (朝ごはんにみたらし団子を食べます。なぜなら、これが一番安いからです。)

I don’t like shellfish. I don’t like its texture. I think I’m allergic to shellfish. (私は貝が嫌い。見た目が無理。多分アレルギーがあると思う。)

 

教科書に載っているような例文を覚えるだけではなくて、ご自分自身の事について英語にしてみる。その時に、言いたい事を英語にするために必要になる文法を学ぶというのが、僕のオススメのやり方です。
それでは!

2017.7.22 Saturday: SSB, PP

SSB

1:00pm ~ 1:50pm 1 student

2:00pm ~ 2:50pm 2 students

PP

3:00pm ~ 3:50pm 5 students

毎日暑いですね・・・猛暑の中レッスンに来ていただいてありがとうございます!

SSB1:

比較、最上級の練習をしました。

tall – taller – tallest のように、規則的な変化のものばかりなら簡単なのですが、

good – better – best

bad – worse – worst

のように不規則なものがわかりにくいですよね。今日のレッスンでは、単語として変化を覚えるだけではなく、文の中で使ってみてもらいました。

また、「~と同じくらいー」という、as ~ as ー の練習もしました。

I am as tall as him. (私は彼と同じくらい背が高い)

のような形だけではなく、as – asの間には色んなものを入れることができましたね。

USJ is as exciting as TDL.

He is as hard worker as me.

のようなものまでOKです。

SSB2:

過去形を含んだ質問の練習をしました。

基本になるのは5W1Hの質問ですが、これに過去形を組み合わせると、

Where were you last night? (昨夜はどこにいたんですか?)

Why did you drink too much? (なぜ飲みすぎたんですか?)

のように、日常生活でよく登場するような表現になります。

PP:

I think –を使って、「~だと思う(肯定文)」「~だと思わない(否定文)」「~だと思いますか?(疑問文)」「~だと思いました(過去形)」の文を作る練習をしました。

ポイントは、I can do it. のような普通の文の頭に、I think, I don’t think, Do you thinkを付けるだけです!

I thoughtの場合は、その後に続く文も過去形になることに注意しましょう。

今日出て来た中の最難関問題、皆さんに人気がなかった文がこれです。

How old do you think I am? (私は何歳だと思いますか?)

それでは、また!

2017.7.10 Monday : SSB

SSB
7:00pm ~ 7:50pm 1 student
8:00pm ~ 8:50pm 4 students

今日もレッスンにお越しいただいてありがとうございます!

SSB1:
この時間は生徒さんがお一人だったので、ご希望に沿って英会話で使える表現として、質問の練習をしました。
初対面の人との会話って、「どこ出身ですか?」「趣味は?」といった質問が多いですよね。
つまり、たくさん質問できるようになれば、初対面の人とでも会話ができるんです!

レッスンでは、Are you / Do youの違いから、5W1Hの質問、さらに5W1Hとcanや過去形を組み合わせた質問をしました。

SSB2:
「〜すること」という意味で使われる、to不定詞と動名詞の使い分けについてやりました。

I like to cook. / I like cooking.

のように、to不定詞と動名詞を入れ替えられるものもありますが、

I want to eat. (eatingとは言わない)
I enjoy walking. (to walkとは言わない)

のようにどちらか一方でしか使われないもの、また

Please remember to lock the door. (ドアに鍵をかけるのを覚えておいて、忘れないで)
I remember talking with him. (彼と話したことを覚えている)

のように意味が変わるものがありました。

ポイントは、to不定詞が一般論的な事、これから起こる事を表すのに対し、動名詞は現実的な事、既に起こっている事を表す、でしたね。

来週の7/17 (月)はお休みを頂いていますが、代わりに7/22(土)にレッスンをやりますので、良かったらこちらにもお越しくださいね。それでは!