2017.9.16 Sat SB

SB 11:00-12:00  1student(s)

 

SB 12:00-13:00  1student(s)

 

Thank you for coming to my classes!

 

今日の授業では

形容詞+前置詞について行いました!

 

I am good at math, but not so good at science.

(数学が得意だが、科学はそんなに得意じゃない)

good atなどは日常でもよく使いますよね!

 

See you next week!

Riku

広告

2017.9.20 Sat SB

SB 11:00-12:00 1student(s)

 

SB 12:00-13:00 1student(s)

 

Thank you for coming to my classes!

 

今日のSBはBoth, Either, Neitherについて行いました!

 

Both は「どちらも、両方」

Either は「どちらか、一方の」ですが、文脈によっては「両方」という意味を含む場合があります

Neither は「どちらも〇〇ではない」

 

と、いう意味です!

 

See you next week!

Riku

 

 

 

2017.9.2 Sat SB

SB 11:00-12:00 1student(s)

 

SB 12:00-13:00 1student(s)

 

Thank you for coming to my classes!

 

I forgot to write my blog post before leaving for a family trip…(oops)

 

というわけで、少し前の授業のことについて書かせていただきます。

 

SB

今回は前置詞のイメージをテーマに授業を行いました。

 

前置詞って日本語に訳すると「に」とか「の」とかになってしまいます。

故に、捉えづらいため、よくわからないという人も多いかと思います。

 

そこで、

前置詞をイメージで捉えることが重要になります。(下図参照)in-inside-outside.jpg

 

これをマスターすることで、Roll off(転がり落ちる)やPush through(押し通す)といった句動詞を容易く理解することが出来ます。

 

See you at the next class.

Riku

2017.8.26 Sat SB BF

SB 16:00-17:00 1student(s)

 

SB 17:00-18:00 1student(s)

 

BF 18:00-19:00 0student(s)

 

Thank you for coming to my classes!

やっぱりはじめてお会いする方との授業って少し緊張しますが、楽しくて仕方がないです!

 

さて、授業内容としては…

 

SB

今回は Up を使った句動詞を見ました!

例としては

 

Burn up  (①燃えてなくなる ②激怒する)

Clean up (①問題や誤解を片付ける ②病気が完治する)

 

の二つがあります!

 

特徴としては文字通りの意味(①)とそれから派生したような意味(②)を両方持つということが挙げられます!

 

ネイティブは頻繁に句動詞を使用するので、見かけるたびに覚えていくことが必要になります!

 

 

~来週から授業時間が変わります~

来週からは

 

11:00-11:50  と 12:00-12:50 の2クラス、SBを担当させて頂きます!

 

ぜひお越しください!

 

Riku

 

 

 

2017.8.19 Sat SB BF

SB 16:00-17:00 1student(s)

 

SB 17:00-18:00 0student(s)

 

BF 18:00-19:00 0student(s)

 

 

Thank you for coming to my class!

 

SB

久しぶりにお会いした方だったため、フリートークを中心に授業を行いました。

 

今日のポイント

Didn’t you…?で始まる質問の答え方について

 

例)Didn’t you go to school today?

 

学校に行きました!→Acutually, I did go.

学校に行ってません!→No, I did not.

 

例文中の青文字の部分が正しければYes,間違っていればNoで答えます!

 

(プラスα)

質問者は答えとしてはNOを期待しているため、YESと答える場合にはAcutually(実はね、)のような言葉を挟むことで更に上手く答えることが出来ます!

 

お疲れ様でした!

 

See you next week!

Riku

 

 

2017.8.12 Sat SB BF

SB 16:00-17:00 0student(s)

SB 17:00-18:00 1student(s)

BF 18:00-19:00 1student(s)

 

Thank you for coming!

 

SB

今日は関係代名詞について行いました!

I met the lady who came here last week.(私は先週ここにやってきた女性に会った)

といった関係代名詞を使った長い文章を会話の中で話すときには

I met the lady whoのように、関係代名詞まで口に出してから考えることで会話がスムーズになります!

イメージとしては

I met the lady who …(先週ここに来たってどう言おっか)umm…(あ、came here last weekか)who came here last week.(青は脳内のイメージです)

みたいな感じで初めから文章を完成させるのではなく、途中で考えると話しやすいと思います!

 

BF

タブーというゲームをしました!

タブーは配られたカードに書いてある言葉を説明するゲームです。

しかし、使える言葉に制限があることでパラフレーズ(別の言い方をする)して説明をする必要があります!

 

これがなかなか難しい…

でも、ゲームなどを通して楽しく学べたら一番良いと思います!

 

See you next week!

Riku

 

 

 

2017.8.5 Sat SB BF

SB 16:00-17:00 0student(s)

 

SB 17:00-18:00 0student(s)

 

BF 18:00-19:00 1student(s)

 

Thank you for coming to my class!

大学の試験の関係で一ヶ月ほど休みを頂いておりましたRikuです。

久しぶりの授業で緊張していましたが、来てくださってありがとうございました。

 

BFでは旅行の話を主にしました。

Go backとCome backの違いはわかっていただけたでしょうか?

 

うだるほど暑い京都の夏でも、クーラーの効いた教室でお待ちしております!

是非お越しください!

 

Riku

2017.7.8 Sat SB BF

SB 16:00-17:00 1student(s)

 

SB 17:00-18:00 1student(s)

 

BF 18:00-19:00 2student(s)

 

Thank you for coming to my class.

 

SB

SBでは、「考えずに英語を話す」練習をしました。

会話において伝わるか伝わらないかは当然重要ですが、

文法の正しさ以上にスピードが大切な気がします。

 

BF

本日も様々なテーマについてお喋りしました。(将来の計画、本…など)

 

 

That’s all for this week

来週は宵々山ですが、休まず授業しております!

人波をかき分け是非お越しください(笑)

 

Riku

 

 

2017.6.24 Sat SB BF

SB 16:00-17:00 1 student(s)

 

SB 17:00-18:00 1 student(s)

 

BF 18:00-19:00 1 student(s)

 

Thank you for coming to my class.

 

SBではSVO+原形不定詞についてお話ししました。

 

・Oが原形不定詞の意味上の主語になる

・使役動詞や知覚動詞と共に使われる

 

の2点が重要です!

 

See you in 2 weeks.

RIku

 

2017.6.17 Sat SB BF

SB 16:00-17:00 0student(s)

SB 17:00-18:00 1student(s)

BF 18:00-19:00 2student(s)

 

Thank you for coming to my class!

 

SB

今日は頻度を表す副詞について行いました。

Always とNever は確実に100%/0%でないと使えないというのが注意点です。

 

BF

今日は初めてお会いした方々でしたので、身の回りのことから、仕事、旅など色々なことを話しました!

 

大人がお友達と呑みに行ったり出かけたりするのはHang outと表現します!

遊びに行くという日本語にとらわれてPlayと表現すると子供っぽさが出てしまいます…

 

See you next week!

Riku