2018. 12.01 Saturday: G1, PP

13:00 – 13:50 <G1- 1> 3 students

14:00 – 14:50 <G1-2>  4 students

15:00 – 15:50 <PP>     4 students

Thank you for coming to my English class today. I was very happy to meet you guys today!今日は 新しいスケジュールの見方が分かりにくいというご意見を頂きました。ありがとうございます。(私の勝手な見解ですが、)スケジュールに書かれているマルとバツは体験に来られる方が予約できるかどうかを示しているのだと思います。そのため、私の授業がバツと書かれていたとしても、私の名前+クラス名が書かれていれば、授業がありますので是非来てください。

Here is the summary of today’s class.

 

★13:00 – 13:50 <G -1>★

[Free Talking] 今日は新聞について話しました。新聞を購読(to subscribe)しているかどうか、どんな記事を普段読むかについて話しました。どのようなジャンルを読むか人によって違うのだ、と感じました。

今回の授業では先週の宿題で準備して頂いたスピーチを実際に披露してもらいました。自身の部屋の見取り図もきれいに書いて頂いて、ありがとうございました。先週学習した表現も沢山聞こえてきたので、大変良かったと思います。

今日の本題はMovie Reviewでした。Mary Poppinsのmovie reviewを聞いてもらいました。Mary Poppinsは新作も来年に公開されますので、ぜひ機会があれば見に行ってください。

★Mary Poppins Returns:日本では2019年2月1日に公開です。

★Saving Mr. Banks (邦題:『ウォルト・ディズニーの約束』):Mary Poppinsの作者、P. L. Traversについてのお話です。ウォルト・ディズニーと’Mary Poppins’映画化への交渉の過程が描かれている映画です。(私はこれを観て、かなり泣きました。)

本題に戻りますが…Movie Reviewでは以下の3点を含んでスピーチをします。

  1. About the movie:映画について (e.g.. 公開年、いつの時代の話、登場人物など)
  2. The Story:映画の内容
  3. Your Opinion:映画についてのあなたの感想など

そして、今回の宿題は…

①自身の好きな映画を1本選ぶ。(お話しが幾つかのパートに分けやすいものが書きやすい。)

②自身が選んだ映画のoutlineを書く。

の2つです。Outlineの書き方は以下に書いておりますので、これを元に書いて下さい。

※Ⅱ. The Storyの部分は3つに分けても、4つに分けてもどちらでも構いません。

※どうしてもわからない場合は、日本語で書いてきても構いません。

※Ⅱ. The Storyの英文は現在形で書いて下さい。

○ Title of the movie e.g.) Mary Poppins

Ⅰ. About the movie

A. Won 5 Academy Awards

B. …

C. …

Ⅱ. The Story

A. Before Mary Poppins arrives

1. Mr. Banks and Mrs. Banks entrust the care of their children to Katie Nana.

2. …

3. …

B. While Mary Poppins…

1. …

2. …

C. After Mary Poppins…

1. ….

Ⅲ. My Opinion

A. Recommended that you watch this movie.

B. …

⇒次回はまず、映画について説明する際の表現を確認・練習し、宿題で作ってきてもらったoutlineを元に、スピーチの文章を考えてもらいます。

 

★14:00 – 14:50 <G1-2>★

[Free Talking] 朝ご飯と昼ご飯に何を食べたかについて話しました。今日のお昼は麺類を食べた方が多かったですね。そしてイカ墨の墨が英語でinkと言うことも確認しました。

今日はhave been doing…の練習をしました。これも先週と同じように、現在とのつながりがある際に使います。

①「少し前まで~していた。」のように最近やほんの少し前に終わった出来事に対して使います。

・Will is very tired. He’s been working very hard. (⇒今疲れていることから分かる。)

・ You’re out of breath. Have you been running? (⇒今、息を切らしていることから分かる。)

・ Where have you been? I’ve been looking everywhere for you.

②出来事は「ずっと~し続けて、今も~し続けている」のようにまだ続いている場合もあれば、ちょうど今、終わった場合もあります。また、how long ~, for ~, since ~などの表現と一緒によく使います。

How long have you been studying Japanese? (⇒まだ勉強は続いている。)

・Lisa hasn’t been feeling well recently.

③「今まで(何度も)~してきた。」のように一定期間の間に繰り返される動作を表します。

・Every morning they meet in the same café. They’ve been going there for years.

また、I am doingI have been doingの違いについても説明しました。ここの説明がかなり急ぎ足になってしまいました。申し訳ありません。

★I am doing⇒現在を中心に少し前から始まり、まだ終わっていない。

・Don’t bother me now. I’m working.

・ I need an umbrella. It’s raining.

★I have been doing⇒現在まで続いている。or 現在の少し前に終わった。

・The ground is wet. It’s been raining.

・They have been waiting for an hour.

そして、[ 4 ]の答えもここに載せておきます。なぜI am doing / I have been doingになるか分からに場合は、来週聞いて下さい。説明します。

  1. I have been doing
  2. are you looking
  3. James has been learning
  4. She has been working

⇒来週はI have been doingとI have doneの違いについて説明します。

★15:00 – 15:50 <PP>★

 

[Free talking] 今回はFree talkingはお休みで紙の辞書を使って単語を調べてもらいました。紙の辞書を使う機会が少ないので良い機会になったのではないでしょうか。

今回は、先週のG1②の授業と今週のG1②の授業で使用したHaveを使った、Have you ~という表現を練習しました。

e.g.) Brian  : Martha, have you been to Copenhagen before?

Martha : Yes, I have. It’s a very beautiful city. I went to Tivoli Gardens with my friends. How about you?Have you ever been to Copenhagen?

Brian  : No, I haven’t. But I went to Mito, Japan last year. People were very nice in there.The food was great too! I ate natto for the first time. Have you ever eaten natto before?

Martha : Natto….??? I haven’t eaten it before…. What’s that?

Brian  : Natto is fermented soybeans. It’s a traditional Japanese food.They say it’s very common to eat it for breakfast with rice.

その後は動詞を挙げて、そのどうしのpast, past participleを辞書を使って調べてもらいました。練習問題でもhave youを使って、様々な言い方を練習しました。How many…やHow much…と一緒に使えますので、ぜひ英語を話す機会があれば使ってみてください。

最後に自身でHave you…?を使用した質問を作ってもらって、ペアで聞き合ってもらいました。どのペアでも質問を答えた後に話を広げられていたと思います。「答え+1文」がだいぶ身についてきた気がして、大変嬉しかったです。

⇒来週はHow long have you been…?を練習します。

 

また来週もよろしくお願い致します。 See you next week!

広告

2018.11.24 Saturday: G1, PP

13:00 – 13:50 <G1- 1> 2 students

14:00 – 14:50 <G1-2>  3 students

15:00 – 15:50 <PP>     2 students

Thank you for coming to my English class today. I didn’t have enough time for lunch, so I think my stomach’s trying to tell me something…

Here is the summary of today’s class.

 

★13:00 – 13:50 <G -1>★

[Free Talking] 2025年の万博が大阪に決まったので、その話をしました。関西で開催するということはとても貴重だという意見も出ましたので、ぜひ2025年には万博に行きましょう!もしかすれば英語を使える機会があるかも!

今回の授業では先週の宿題で準備して頂いたスピーチを実際に披露してもらいました。宿題で分からない単語などをしっかり調べて、準備して頂いたという事が良く分かるスピーチでした。素晴らしい!ジェスチャーもしっかりできていました。

・水道の蛇口:tap      ・水道水:tap water      ・電気ケトル:electric kettle

・ストレイナー:strainer   などなど新出単語も沢山ありました。

相手のスピーチを聞いて分からない場合はFree Talkingのお助け文を有効活用できていたので良かったです。実際の英会話の場面でも使える表現ですので、ぜひ覚えましょう。

授業のメインでは、自身の故郷についての説明の表現を練習しました。今回の宿題は今日の授業で扱った表現を使って自分の家を説明する、でした。以下の表現も使ってみてください。

・On the left:左側に ・On the right:右側に

・Right in front of…:…の真正面に

・ ….is located in front of…:…は…の前に位置している。

・Across the street from…:…の通りの向こう側に

・Behind the … is…:…の後ろに…がある。

・northeast:北東  ・northwest:北西 ・upper:上の方の ・lower:下の方の

・The A that looks like B is the …:Bのような形にみえるAは…です。

・… is next to…:…は…の隣にある。 ・…is in the middle of …:…は…の中心にある。

自分の部屋・家の見取り図を描いてから、文を作ると作りやすいと思います。少し時間がかかる宿題がと思いますが、ぜひ試してみて下さい。

⇒来週は宿題のスピーチを行ってから、story tellingの練習をしていきます。

 

 

★14:00 – 14:50 <G1-2>★

[Free Talking] この授業のFree Talkingでは大阪万博でどの国のパビリオンに行きたいかの話をしました。アメリカ、ヨルダン、イタリア…どこの国のパビリオンに行きたいかとその理由をしっかり話せていてよかったですね。私はドイツのパビリオンがあればぜひ行きたいです。せっかく第二外国語でドイツ語を勉強したので、少しでも使えたらと思います。

 

今日は have doneの練習をしました。過去と現在の関連性があることについて話をする際にこの表現を使います。

e.g.) Have you ever eaten truffle?

世界三大珍味の中で、一番人気はcaviarでした。truffleは香りを楽しむのですね。

I’ve just finished reading Murakami’s 1Q84.

Hey, how have you been?

I haven’t been to Mexico.

練習問題を元にグループで’Have you ever ….?’という表現を使って話し合いもしました。今回も自身の答えとその理由をかならず言えていたので素晴らしかったです。そこからさらに話を広げられたことも良かったと思います。

そしてpast participleの活用も難しかったですね。もしも、これはどうかな?と思ったら辞書を引いてみて下さい。他にもいくつか例を挙げておきます。

・pay (支払う) / paid / paid   ・find (見つける) / found / found

・cut (切る) / cut / cut            ・read (読む) / read / read (発音に注意!)

 

最後にはこの表現を使った洋楽も紹介しました。ご存知の方もおられましたね。良ければ聞いてみてください。

⇒来週はhave been doingを行います。

 

 

★15:00 – 15:50 <PP>★

[Free talking] 辞書についての質問があったので、今回は日本語でお話しをしました。実際にスマートフォンなどを使用しながら、インターネットで使える辞書を紹介しました。紙媒体の物もありますが、辞書のbig 5はこちらです。(英英もあり。)

・Oxford Advanced Learner’s Dictionary

・Cambridge Advanced Learner’s Dictionary

・Longman Dictionary of Contemporary English

・Macmillan English Dictionary

・Collins COBILD

そして今回はmust / have toの違いと2つの表現を練習しました。一般的にはhave toを使うことが多いです。

e.g.) All visitors must sign in at the office.

The economic situation is very bad. The government must do something.

I have to finish writing up this blog.

Sarah didn’t know how to use the camera, so I had to show her.

 

練習問題では過去形、現在形などを考えてhave toの使い分けができていたと思います。

toの後には動詞の元の形が来ることをお忘れなく。問題に関連して、ひげの種類の話もで

きて面白かったですね。beard, mustache, whiskersの違い、分かって頂けましたか?

そして宿題の答えもお伝えしておきます。

1) must not / mustn’t

2) doesn’t have to

3) mustn’t

4) don’t have to

5) don’t have to

でした。もしもなぜその答えになるか分からないという場合は、来週教えて下さい。

もう一度一緒に復習しましょう。

⇒次回はhave you ~?の練習をします。

また来週もよろしくお願い致します。 See you next week!

 

2018.11.17 Saturday: G1, PP

13:00 – 13:50 <G1- 1> 2 students

14:00 – 14:50 <G1-2>  3 students

15:00 – 15:50 <PP>     2 students

Thank you for coming to my English class today. I am so sorry that I arrived in a nick of time.

Ok, here is the summary of today’s class.

 

★13:00 – 13:50 <G -1>★

[Free talking] 最近読んだ本について話しました。忙しいと本を読む時間をあまりないです

が、自身の好きな分野について読んでみるとかなり楽しいですよ!

 

授業ではまずは、先週の復習としてロンドンでのバスの乗り方についてのリスニングをしました。京都のバスとは様々な部分が違いました。特に、Oysterしか使えないのは不便なのか便利なのか難しいところでしたね。乗り口、降り口も違うので気を付けましょう!

その後はジェスチャーの復習をしたのち、demonstrationで重要な表現を勉強しました。

宿題は表現のhandoutを参考にして下さい。

e.g.) I am going to demonstrate how to make miso soup.

there are six main steps.

First, Next, Then, After that, Finally…

This is how to make miso soup. Thank you.

 

もし、スピーチの原稿、または絵が書き終わっていない場合、来週までに必ず完成させて持ってきて下さいね。次回の授業で使用します。(DON’T forger to bring them!!!)

そして最後の問題の答えも掲載しておきます。

★ Put the following in the correct sequence.

① D       ② C         ③ B         ④ E        ⑤ A

⇒来週は道の説明の表現を勉強していきます。

 

★14:00 – 14:50 <G1-2>★

[Free talking] 自身の好きな本について話しました。ミステリー、how to 、シンドラーのリストなど意見がでました。私はシンドラーのリストは映画版を途中で断念した記憶があります…。今年の年末にでも観ようかな!

今日は was doing の練習をしました。途中では、didとwas doing混乱してごちゃごちゃになってしまいましたが、過去の行為の際に「あの時~していた。(ところだった。)」という行為の真っ最中であるということを表現します。

e.g.) This time last year I was living in Canada.

The television was on, but no body was watching it.

I walked home after the party last night. (過去の一地点を表す。)

練習問題では、ある時間に自身が何をしていたかについて思い出して書いてもらいました。

VELCOで勉強していた、腰が痛くていすに座っていた、家を片付けていたなどいろいろな例が出ていて面白かったです。発音も丁寧に出来ていましたね。素晴らしかったです。

練習問題も難しかったですが、出来たでしょうか。復習してもらって、もしも分からない部分があれば、来週に補足します。(もう少し、分かりやすい説明を考えておきます!)

 

⇒来週は have doneをします。

 

★15:00 – 15:50 <PP>★

[Free talking] あなたの好きな作家についてお話ししました。遠藤周作の本をお勧めして頂いたので、次の夜寝る前に読む本にしたいと思います。ありがとうございます。

今回はshouldとshouldn’tの勉強をしました。アドバイスをしたり、意見を述べる時に使います。mustとhave toほど強くは主張しません。

e.g.) You should apologise.  「謝ったほうが良い。」

You must apologise. You have to apologise. 「謝るしかない。」

また、shouldはI think…, I don’t think…, Do you think…?などの節で使われることが多いです。

e.g.) I think he should be quiet.

I don’t think you should be here (at the moment).

Do you think this suits me.

最後の時間では、①Do you think we should pay for plastic bags?

②Do you think we should accept refugees?

についてディベートをしました。PROs / CONsの意見を聞けて面白かったです。

 

⇒来週はmust とhave to を練習します。

来週もまた宜しくお願い致します。See you next week!

2018.11.10 Saturday: G1, PP

13:00 – 13:50 <G1- 1> 2 students

14:00 – 14:50 <G1-2>  2 students

15:00 – 15:50 <PP>     2 students

Thank you for coming to my English class today. I am pretty sure we could spend a fulfilling time.

Ok, here is the summary of today’s class.

★13:00 – 13:50 <G -1>★

今回のFree talkingではcomputerについて話しました。コンピュータについての良い点、悪い点を話し合う事ができました。やはり、私達の生活には欠かせないものだと思います。

この授業では最初に、どのような場面で何かの使い方を説明するか、意見を挙げてもらいました。

・バスのお金の払い方、お味噌汁の作り方 などなどたくさん挙がりました。

その後、リスキングやリピートをしながら、物の使い方を説明する時の表現・ジェスチャーを学びました。

・電子辞書の使い方 / コインランドリ―の使い方 / 手水舎での手の洗い方

・ジェスチャー:first, second, third…, the first step, the second step, the third step,

first, next, finally

今回はこの3種類を練習しました。手水舎の使い方は実際の場面で使う機会がありますよね!

新しい単語も勉強できました。発音もきれいに出来ていたと思います。

e.g.) a scoop (柄杓), to rinse (すすぐ), vertical (垂直), a lid (蓋), detergent (洗剤) など…

次回はdemonstrationの表現を学習して、自身で選んだものの方法を説明してもらいます。

 自身が説明したいものを考えてきて下さい。

 

★14:00 – 14:50 <G1-2>★

この授業のFree takingではInternetについて話しました。普段、何時間程度使うのか皆さんの意見を聞くことができて面白かったです。

今回から過去形に話題が移り、didの勉強をしました。まずはシェイクスピアのパッセージを読んで過去形についてお話ししました。実はシェイクスピアが書いた英語は初期近代英語ということで、高校までの英語で80%読むことができるんです。ぜひ、古典と言われる作品も読んでみてください。

○didの形の多くは動詞に-edが付きますが、例外も多くあります。

e.g.) Michael passed his exam because he studied very hard.

Shakespeare wrote more than 39 plays.

○疑問形や否定形ではdid / didn’tを使います。

e.g.) Did you go to the party yesterday? Yes, I did. / No, I didn’t.

e.g.) Didn’t you go to school yesterday? 「学校に行ったんじゃなかったの?」

日本語の場合「いや、行ったよ。」/ 「うん、行かなかったよ。」

英語の場合 「Yes, I did (うん、行ったよ。)」/ 「No, I didn’t. (行かなかったよ。)」

のようにYes, Noの答え方が日本語とは異なるため、注意しましょう。

過去形を使って、相手に昨日何をしたかを聞き、相手は答え+1文で答えられていました。

⇒来週は was / were doingをします。

 

★15:00 – 15:50 <PP>★

この授業のFree takingではE-mailについて話しました。家族にはLINEで連絡する、普段はあまりメールは来ないなど、たくさんの意見を交換することができました。

今回でI’mシリーズも最後でした。最後は2種類の表現を扱いました。

○I’m planning to travel.  「私は旅行する予定である。」

この表現では、これからの予定や今後についての自分の意思を伝える時に使用します。

be planning to ~でもたくさんの新出単語がありました。

e.g. ) study abroad (留学), hang out(遊ぶ), by half (半減), percentage (お酒の度数)

英作文では、この授業後何をするか、明日は何をするか、年末は何をするかという質問の例が出てきたので、ペアで質問し合ってもらいました。英語で追加の情報を聞いたり、答えたりがしっかりできていました。英単語が出てこない…でも頑張って伝える、という気持ちがしっかりと伝わってきました。

皆さん予定がたくさんあって楽しそうでした。思いがけず岐阜のお話しで盛り上がったことも驚きましたね。

もう一つは○ be just ~ingの表現を練習しました。

e.g. ) I’m just kidding. , I’m just looking around.

I’m just looking around. はお店で店員さんに話しかけられた際に使えます!かなりusefulな表現なのでぜひ、海外に行かれた際は使ってください。

来週はYou should ~ / You shouldn’t ~を練習します。

来週もまた宜しくお願い致します。See you next week!

2018. 11. 03 Saturday: G1, PP

13:00 – 13:50 <G1- 1> 1 student

14:00 – 14:50 <G1-2>  2 students

15:00 – 15:50 <PP>     1 student

Thank you so much for coming to my class today! It gets dark soon these days…Winter is just around the corner!

Ok, here is the summary of today’s class.

★13:00 – 13:50 <G -1>★

自分で持ってきてもらった写真を元に、相手を紹介する練習をしました。他己紹介に時間を大きく割いたので、物についての説明の仕方は来週にしますね。

まずは先週の復習で他己紹介をする際の7つのポイントを復習しました。

今日は実際に文を作ってもらって発表してもらう予定でしたので、他己紹介の際に使える文章の一覧をお配りしました。

e.g.) His hometown is …, He says that ○○ is famous for…, This summer, he wants to…

これがあればいつでも、誰でも紹介できますね。

私が紹介したAlan Cummingはスコットランド出身の俳優さんでした。(現在はアメリカ国籍)舞台でも映画でも活躍されている方です。1998年にロンドンで再演されたCavaret(キャバレー)ではトニー賞のミュージカル主演男優賞を受賞しています。映画で有名なものはAny Day Now (邦題:チョコレートドーナツ)です。良ければ観てみて下さい。

その後の頻度を表す副詞(the adverb of frequency)をどこにいれるのかも確認しました。

e.g.) Lisa always gets home before midnight.

On the weekends, Andy usually studies English at home.

頻度を表す副詞は動詞の前にきます。しかし、am / are / is の場合はそれらの後ろにきます。

 

⇒次回は物の説明の仕方を練習します。

相手に洗濯機の使い方、パソコンの使い方など使い方を教える時の表現をみていきましょう。

 

★14:00 – 14:50 <G1-2>★

今日は”I am doing” と”I do”の違いパート2を勉強しました。

前回の復習からはいりました。同じ動詞でもI am doingの形とI doの形とでは意味が大きく異なります。

It’s not raining now. We can go out.

It doesn’t rain very much in summer.

そして、今日の授業はステップアップとして4つのことを押さえました。いっぱいあったので頭がこんがらがったかもしれません…。

① likeやknowのような動詞はI am liking, I am knowing という形に出来ない。

⇒じゃあマ○ドナルドのキャッチフレーズはどうなるのか…という話もしました。

 

② thinkはどちらの形でも使えるが、「…と思う。」「…と考える。」で使い分けをします。

e.g.) I think you should sell your car.          ⇒ believe, have an opinion 「…と思う。」

I am thinking of selling my car.           ⇒ consider 「…と考える。」

 

③ look, feelで現在の誰かの状態を表す場合、どちらを使用しても良い。

e.g.) You look very happy today. / You are looking very happy today.

How do you feel now?  /  How are you feeling now?

しかし、表情をみて状態を説明している場合はlookを、体の調子を聞く場合はfeelを

使いましょう。

 

④ see, hear, smell, tasteなどの知覚動詞はI am doing形は使えない。

canと一緒に使われることが多い。

e.g.) I can hear music.

This dinner smells very good.

 

⇒次回は didを行う予定です。色々な場面でdidは使えるので、いつもよりも声を出せるような授業になるかと思います。

 

★15:00 – 15:50 <PP>★

今回はI’mシリーズの”I’m worried about ~ / I’m not worried about ~”を扱いました。

e.g.)  I’m worried about my trip.

I’m not worried about my son.

health, future, parents, Japan’s economic health…心配事はいろいろありますね。

その後は”What are you worried about?”を使って、相手に心配していることを聞く練習をしました。事前に理由を考えてもらったので、前回のように『答え+1文・2文』の答え方をしっかりできていたと思います。

そして、今日調べてみましたが「現実逃避したい!」は…

I want to escape from the reality of life.

I want to run away from the reality.

と言うそうです。「現実逃避=escapism」なのに違う言い方もあるんですね。私も勉強になりました。いつも勉強になるご質問ありがとうございます。私ももっともっと色々な表現を勉強しなければなりませんね!勉強不足ですみません…。

⇒次回は”I’m just ~ing.”と”I’m planning to ~.”の表現を扱います。もう少しI’mシリーズが続きますが、頑張っていきましょう!

 

来週もまた宜しくお願い致します。See you next week!

2018. 10. 20 Saturday: G1(SSB), PP

13:00 – 13:50 <G1- 1> 1 student

14:00 – 14:50 <G1-2>  1 student

15:00 – 15:50 <PP>     3 students

Thank you so much for coming to my class today! I’m pretty sure we have a good time :))

Ok, here is the summary of today’s class.

 

★13:00 – 13:50 <G -1>★

先週の自己紹介に引き続き、今回は相手を紹介する仕方について勉強しました。

先週の自己紹介をする際の8つのポイントを元に、少し内容を付け足していきました。前回と少し違う表現も出てきましたね。以下は、相手を紹介する時の表現方法です。

・Name     e.g.) This is our teacher Ken Plant.

・Birthplace / Residence     e.g.) He is originally from…, He was raised in…

・Famous places    e.g.) London is famous for…, London is known for…

・Free time     e.g.) On the weekends…, On his day off…

・Closing     e.g.) Please give him a warm welcome., Let’s welcome him.

先週の復習後のリスニングテストでは、ロンドンのビッグベンの名前の由来、イギリスの文学作品について少し触れました。『カンタベリー物語』をジェフリー・チョーサーが書いていなければ、今のイギリスの公用語は英語ではなかったかも...!なんていうお話しもしました。

その後のインタビューも、しっかり聞けていたと思います。Questionnaireなどの新しい単語も沢山出てきて、勉強になったかと思います。

⇒次回(11月3日)の授業では、好きなアーティストや友達などの写真を忘れずに持ってきて下さい。授業の前半で今日の学習した表現を使って、好きな人を紹介してもらいます。その後は、物の使い方の説明をする時の表現を勉強していきます。

 

★14:00 – 14:50 <G1-2>★

今日は”I’m doing” と”I do”の違いを勉強しました。

少し説明が難しかったかもしれませんが、”I’m doing”は「一時的な状況を表す。=点」”I do”は「永続的な状況を表す。=線」で覚えてもらえたらと思います。また、”I do”は習慣を表すこともできる、ということも勉強しました。

今回の練習問題もややこしかったですね~。点と線をイメージして、しっかりと使い分けをしていきましょう。

e.g.) I usually enjoy parties, but I’m not enjoying this one that much.

You’re working very hard today. / He works very hard most of the time.

I have to go now. It gets late. ⇒ I have to go now. It is getting late.

I always take a bus to work. ⇒習慣

また、”I’m doing”の形を利用して”He is always drinking beer.”も勉強しました。

“be + always + ~ing”の意味は、「~してばかりいる。よく~して困る。」といった意味でしたが、その後に(~し過ぎ)という気持ちがこもっているという話にもなりましたね。なので”He is drinking beer.”は「彼はビールを飲んでばかりいる。(飲み過ぎ)」となります。

最後には自身の習慣や、誰かがよく何かをして困ることを書いてもらいました。人によって、困ることは似ていたり、似てなかったり…。面白い意見がでましたね。

⇒次回(11月3日)は I am doing / I do [part 2]を行う予定です。

 

★15:00 – 15:50 <PP>★

今回はI’mシリーズの”I’m interested in ~ / I’m not interested in ~”を扱いました。

授業開始のフリートークも色々なお話しができて楽しかったですね。好きな色についてなんて普段話さないので、面白い意見を伺えたと思います。

e.g.)  I’m interested in playing baseball.

I’m not interested in English.

上の2つを例に、皆さんにも自身の興味のあるもの、ないもの考えてもらい、ホワイトボードでシェアをしました。テレビ、茶道、言語、政治、スポーツ…いろいろな意見が出てきていましたね。

沢山の例が出たおかげで、新しい表現・単語もいっぱい出てきました。

その後は自身の作った文を元に、相手に興味のあること・ないことを聞く練習をしました。

話す前に”Hello!”、話し終わった後に”Thank you.”と言って、違う相手に聞けていたのは本当に素晴らしかったです。また、自分の興味に対して、その理由やそれに関連することを+αで話せている点も素敵でした。(『返事+2文』を意識していきましょう。)

最後は誰が何が興味があって、興味がないのかをシェアしました。皆さん、相手の話をしっかり聞いて、メモを取れていたと思います。そして、それを元にSheを使って三単現のsも忘れずに自身の知っている情報を共有できていました。素晴らしい!

また、”I’m interested in ~”の”~”の部分に人名をいれると「~が気になっている。」という意味になるという話もしました。(文脈による場合もありますが…。)

違う表現として、”Do you have feelings for ~”という表現も一緒にならいました。

⇒次回(11月3日)はきっと”I’m worried about ~ / I’m not worried about ~”の表現を扱います。もう少しI’mシリーズが続きますが、頑張っていきましょう!

来週は学会の関係でお休みを頂きます。申し訳ありません。

来月もまた宜しくお願い致します。See you next month!

2018. 10. 13 Saturday: G1 (SSB), PP

13:00 – 13:50 <G1- 1> 1 student

14:00 – 14:50 <G1-2>  2 students

15:00 – 15:50 <PP>     1 student

 

Today was the very first day at VELCO!

Thank you so much for being a part of my big day. It truly means a lot to me.

Ok, here is the summary of today’s class.

 

★13:00 – 13:50 <G -1>★

この授業が初めての授業でしたので、Self-Introductionを行いました。

自己紹介をする上で一番大事なことは、

・Greeting      e.g.) Hello everyone, Hi

・Name     e.g.) I’m…, My name is…, I’m…, but you can call me…

・Birthplace     e.g.) I was born in…, I’m from…, My hometown is…

・Residence     e.g.) I live in … now, I still live there…

・School/ Work     e.g.) I’m studying…, I’m good at…, I’m working at…

・Free time     e.g.) In my free time, I like…, I like,

・Dream     e.g.) Someday I hope to…, My dream is to…, I would like to…, I want to…

・Closing     e.g.) Nice to meet you, Pleased to meet you, Thank you for your listening

この8つで、それぞれに対して文を補足するとより良いということも勉強しました。

そしてGreetingとClosingを言うこと、eye contactを行うことも大切だというお話しをしました。次にはこれを元に、相手の自己紹介をリスニングしました。上手く聞き取れていたと思います。

最後は”Who am I”をテーマに、有名な野球選手4人のうち、誰の自己紹介をしているかを当ててもらうゲームを行いました。難しい文章でしたのに、すぐに分かって素晴らしかったです。

自己紹介は会話の基本です。ここから相手との会話が広がります。ぜひ実際に使ってみてください。

⇒次回はintroducing someone を行います。

★14:00 – 14:50 <G1-2>★

このクラスでは現在進行形「am / are / is ~ ing」を勉強しました。

授業開始のfree talkでは好きな季節について多くのことを話せていて、私も話していてとても楽しかったです。皆さんの意見も興味深かったですが、やっぱり私は冬が好きです!

メインの授業では現在進行形を学習しました。

現在まさに行われていること以外にもbe ~ingを使うことも勉強しました。穴埋め問題、英作文も出来ており、発音は感情を込めて言えていました。素晴らしい!!!

今回の文法事項を元に最後はジェスチャーゲームをして、誰が今何をしているかを答える練習をしてみました。私のジェスチャーが分かりにくかったと思いますが、皆さんしっかり答えられていました。無茶振りの活動でもすぐにジェスチャーをして下さり、大変感謝しております。ありがとうございます。この活動では、take notes(メモを取る、ノートを取る)・surf the Internet(インターネットをする)などの表現も学習することができました。learnとstudyの違い、speakとtalkの違いも分かって頂けたでしょうか…。

今回の文法事項が使われている洋楽の曲のタイトルを、プリントの最後のページに載せているので、時間があれば聞いてみてください。

⇒次回はI am doingとI doの違いを比較しながら、より多く会話を出来るようにしたいと思っています。

★15:00 – 15:50 <PP>★

このクラスでは「I’m good at ~」「 I’m not good at ~」の練習をしました。

e.g.) I’m good at English.

e.g.) I’m good at speaking English.

どちらも正解の文です。しかし、相手と得意なこと・不得意なことを話す際により詳しく話し合えるように、と何が特に得意なのかも言えるように練習しました。

自身の得意なこと、不得意なことをリストにして、リピートした後に、なぜそれが得意なのか・不得意なのかの理由もつけて話す練習をしました。

言い方の練習をするだけでなく、自分の得意なこと・不得意なことを振り返ることができたのでは、と感じます。私も自身の得意なことを増やしていきたいですね。

今回の文法事項が使われている洋楽の曲のタイトルを、プリントの最後のページに載せておきましたので、時間がある時は聞いてみて下さい。

⇒次回はI’m interested in ~, I’m not interested in ~を練習したいと思います。

 

来週もまた宜しくお願い致します。See you next week!