2018.5.7 Monday : SB

19:30~20:20 2students

20:30~21:20 2students

★フレーズ集

今回は、日本人があまり知らない英語フレーズ!と言うことでやりました!

日本語の文法から考えると、時々英語のイディオムやフレーズはおかしいと感じますよね?

でも、そういった英語ほどよく使う便利なことがあるので、それを学びました。

I’m open to……~に対してオープンです

  • That’s open to misunderstanding……それは誤解を招くな
  • I’m open to new idea……私は新しい考え方に対して寛容です
  • I’m open to suggestion ……私は提案を受け入れる用意があります

Don’t push me……急かさんといて、無理言わんといて

Don’t push your luch……調子にのるな

Point

  • Up to a point(To some extent)……ある程度は
  • There is no point in doing……それやる意味ないよね
  • What’s the point of your talk?……要するになにが言いたいの?
  • You have a point……的を射てるね
  • Get to the point……要点だけ言う

I don’t wanna be like “oh you so rude”……うわ失礼やなー、とか思われたくないし

Any takers?……だれか出来る人?挑戦者は?

Deep down……本当のところは、心の底では

広告

2018.4.23 Monday : SB

19:30~20:20 2students

20:30~21:20 4students

★接客

今回は、いざという時に以外と役立つ、接客用語を学びました!

 

Hi

Hello

Good morning

→いらっしゃいませ

How many (people in your party)?

→何名様ですか?

This way please. 

Please follow me. 

→こちらになります

Please have a seat here. 

→席はこちらになります

Here is ~

→(料理など)になります

That’s gonna be total of 1000yen. 

→お会計は~になります

Thank you for coming today, have a nice day.

→ありがとうございました。

などなど、接客でどんな英語を学ぶかやりました!

お客役、店員役で別れて模擬したかったのですが、他のところで白熱してしまって今回はできませんでした泣

★意見交換

Aging is good or bad for you?

What do you think about?

I think ……

Because…..

What do you think about it?

2018.4.16 Monday : SB

19:30~20:20 3students

20:30~21:20 1students

★和製英語

皆さん、普段使っているカタカナが本当に英語かどうかご存知ですか?

中にはネイティブたちも使うリアルワードもありますが、思ったより通じないカタカナが多いので、今回は、そんな代表例を学んでいきました!

ビニール袋 plastic bag 

アンケート  questionnaire

ガソリンスタンド gas station

ゴム rubber

チャック zipper

マロン Chestnut

エネルギッシュ energetic

ダンボール can board 

サービス complimentary 

コンセント outlet 

マフラー scarf 

シュークリーム cream puff 

ホッチキス stapler

マンツーマン one on one

オーダーメイド custom made

 どれも、それなりに使う言葉なので、覚えておいて損はないです!

2018.4.9 Monday : SB

19:30~20:20 2students

20:30~21:20 2students

 

★恥ずかしい

Shy……人見知りな、恥ずかしがり屋な

  • Don’t be shy……恥ずかしがらないで

Ashamed……人として恥ずかしい

  • I can’t believe it, but this is the case. Any of you gave me a wrong report on purpose. I mean any of you in this room cheated on the financial report last week. The guy did it must be ashamed of himself……信じたくはないが、この中に、意図的に間違ったレポートを私に送ったものがいる。この部屋の中の誰かが、会計報告において不正を働いたのだ。そのものは恥ずべきことをした。

Embarrassing……困らせるような恥ずかしさ

  • That’s embarrassing……それ恥ずかしいし止めなよ!
  • I’m embarrassed……恥ずかしいはー

Awkward……気まずい、恥ずかしい

  • Were you just talking to a stranger?……今知らない人に話しかけてなかった?  I thought it was you. That was awkward.……あなただと思ってた。恥ずかしかったー

Self-conscious……恥ずかしい、照れ臭い、自意識過剰の→上記に当てはまらない恥ずかしさ

  • I just feel self conscious when I speak English in front of you, coz you know like, you can get what I’m talking even in normal speed Japanese, I mean I don’t have to speak English……なんか、君の前で英語を話すのは恥ずかいな、だって君は普通のスピードの日本語でも難なく理解できるわけだし、わざわざ英語で言う必要もないってこと
  • Boy, I’ve never felt this self-conscious about kissing……まったく、ここまでキスが照れ臭いことはなかったよ
  • Wehen she gave me a compliment l just felt bit self conscious……彼女が褒めてくれた時、恥ずかしかった

ーーーーーーーー

全部一通り学んだ後、

  1. 転校生の自己紹介
  2. 友達だと思って別の人に話しかけた
  3. 母親がレストランでテーブルの砂糖を家で使うために鞄に入れている
  4. 会議での告発
  5. 日本で長いこと住んでる外人に無理に英語を話す時

この5つの状況を話し、どの恥ずかしいが当てはまるか予想するアクティビティをしました。

 

★雰囲気、空気

Atmosphere……広い意味での雰囲気、空気、特にコロコロ変わらないものに対して

  • The restaurant I went to yesterday had a homey atmosphere……昨日行ったレストランはアットホームな雰囲気だった

Ambiance……建物や場所の雰囲気

  • I recommend taking your girlfriend to that restaurant. It has a romantic ambience……あのレストランはロマンティックな雰囲気があって、デートにおススメですよ

Mood……広い意味での雰囲気、人の機嫌、特にコロコロ変わりうる雰囲気に対して使う

  • The mood of the meeting was positive……会議の雰囲気は良かった
  • They were in a good mood……あいつら雰囲気良かったよ

Vibe……人の雰囲

  • I like his vibe……彼の雰囲気は好き

ーーーーーーーーーーー

Let’s see how it goes……空気を読んで様子を見よう

Got a flavor of it……雰囲気を掴む、味わう

  • I’ve just been interested in doctor’s hard life or the perspective they have, and today I gat a flavor of what that might be like through this documentary tv show……実は以前から私は、医師達の忙しい生活や、彼らの見ている世界に関心がありました。そして今日、このドキュメンタリーを通して、それがどういうものなのか少し味わう事が出来ました。

2018.4.2 Monday : SB

19:30〜20:20 2students
20:30〜21:20 2students

 

★Fit の使い方

 

Fit という単語は、日本人にとってもカタカナとして馴染みのある単語で、「ジャストフィット」という風によく使いますよね?

 

今日はネイティブ達がどういう風にこの単語を使うのか学びました!
思ってるよりも沢山のシチュエーションで使われているので、押さえておきたい単語です!
(ちなみに、ジャストフィットは英語では言わないです……)

 

Fit……ぴったり合う、フィットする
* This pants fit me so good……このズボンいい感じにぴったりや!
* This service fits my needs……このサービスは私のニーズにぴったりだ

 

Fit in(with)……馴染む、合わせる、都合をつける、入る、乗れる
* I don’t fit in at work……職場で馴染めない
* My son doesn’t fit in with his classmates at school……クラスで友達と馴染めない
* I can fit in with you……予定合わせますよ
* Can you fit in your schedule with me?……予定を私に合わせてもらってもいいですか?
* These can fit in a taxi?

 

Be fit for〜……〜にふさわしい、〜にあう(形容詞
* This towel is fit for a baby……このタオルは赤ちゃんにぴったり

 

Fit〜to〜……〜を〜に取り付ける
* Fit the

 

Be fit……〜は健康です(トレーニングによる)

 

★嘘に関する英語

 

昨日がエイプリルフールだったので、嘘についてのいくつかの表現を学び、話し合いました!

 

Lie……悪意のある嘘

White lie……誰も傷つけない嘘

Black lie……タチの悪い嘘

Total lie……真っ赤な嘘

Fib……ちょっとしたウソ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

No way!……うそやん!

You’re a liar!……嘘つき!

That’s a lie!……それは嘘!

You gotta be kidding!……ふざけてるやろ!

Don’t tell me a lie!……嘘つくな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Do you think it is ok to tell a lie when it’s better for someone?(white lie is ok or not)

 

 

2018.3.26 Monday : SB

19:30〜20:20 6students
20:30〜21:20 4students

★A lot の使い方

Misato. Hide きたの

1. A lot of → 可算、不可算どっちの言葉にもつけられる便利な英単語
2. Lots of →よりカジュアルに
3. 副詞として→メッチャ

 

これらの基本的な使い方から派して、会話では以下のように使うことが多いです!

 

めっちゃ〜だね!
* Lots of fun!

よく(頻度)
* I get that a lot

珍しい
* it’s not a lot

やることいっぱいで忙しい
手間暇かかってる
* That’s a lot of work
* It’s a lot of work

 

A lot の使い方をマスターしたら、普段の会話がネイティブっぽくなること間違いなしです!

 

 

★冗談、笑いに関する英語

 

・Just kidding…冗談だよ

・Crack up……爆笑する
– You crack me up!……笑わせてくれるやん!

・that’s way funny……めっちゃ面白いやん

・Chuckle……クスクス笑う
– Awkward chuckling……苦笑い

・Laugh at(about)……声に出して笑う
– Are you laughing with me or at me?……もしかして私について笑っる?

 

ーーーーーーーーーーー

 

– so〜that〜
→〜なほど〜だ

この表現はよく笑いを取るために使われます!
基本的に大げさに誇張することによって笑いにつなげます

* That girl was so sweet that I just got diabetes. (あの子スウィートすぎて、糖尿病になっちまうよ)
* That restaurant is so expensive that even Michael Jackson left after the appetizer. (あのレストラン高すぎて、マイケル・ジャクソンでさえ前菜のみで帰って行ったってよ)

これはかなりネイティブレベルのハードルの高い笑いの表現ですが、これをうまく、そしてちょっと小粋に面白く言えると、とてもカッコよく聞こえます。

“so”のあとには形容詞をいれ、そのあと”that 〜”と大袈裟な表現を入れる、大喜利のようなフレーズです。これは個性の見せ所でもあり、多くのネイティブがこの表現をいかにうまく使って他の人を笑わせるかを考えています。
何かいい表現が思いついたら、それをひたすら練習して「ここぞ!」というときに使うとネイティブたちを多いに笑わすことができます!
 

2018.3.19 Monday : SB

 

19:30〜20:20 1students
20:30〜21:20 2students

 

★Wonder の使い方

 

今日は日常会話で頻出の「wonder」という単語の使い方を学びました!

主に4つの使い方を押さえておけば大丈夫です!

 

I wonder + 5w1h
* I just wonder why she didn’t come to the party. It’s not like her.

 

I wonder if
→ただ単に「〜かなー?」と悩んでる
* →I wonder how it goes if i mix this with that together……これとあれ混ぜたらどうなるかな?

 

I was wondering if(you could do something)
→申し訳なさがでる
* I was wondering if you could give me a hand?……悪いけど、ちょっと手を貸してもらってもいい?

 

No wonder
→there is no wonder thatの略、当然
* No wonder she lost the game coz like she didn’t really practice a lot……彼女が試合に負けたのは当然だ。だってそんなに練習してなかったし。

 

★直訳できないことば

 

こちらのクラスでは、日本人がよく陥る問題に関してトレーニングをしました!

英語を離そうとして、よく思考停止して言葉が出てこないことがありますが、それは主に、言いたい日本語の訳語が思いつかない、知らないからです。

しかし、日本語と英語はそもそも違う言語なので、完全に訳せない単語や言い回しがたくさんあって、その都度止まって思考停止していたら会話になりません!

なので、大切なのは、「訳せない!」と諦めて、代わりにそれを別の言葉で言い換えて説明できる能力です!

そのためによく使う表現はいかです。

 

「It’s kind of like……」
……〜という感じ

 

* いただきます……it’s kind of like “Shall we?” or “Let’s eat”. But we are also grateful for the food or people who made it.

* おつかれさま……it’s kind of like “Good job”but means also appreciation or just saying hi to your friend or colleague.

* やばい……it’s like Risky but means also good thing(crazy)

* 微妙……subtle, not good not bad, iffy

* 社会人……it’s kind of like a businessman but it doesn’t necessarily means only people who work but also people who has a responsibility to sustain the society as a member of that. Or just independent people economically.

* 侘び寂び……it’s kind of like a sense of Japanese beauty that loves simple thing or old thing.

* わさびの辛さ……it’s like stinging, hit, spicy, it hurts.

 

このような一言で訳せない言葉を説明することに慣れていれば、実際の会話でも思考停止することが少なくなると思います!

2018.3.12 Monday : SB

19:30〜20:20 4students
20:30〜21:20 3students

 

★普段の会話

 

「なあ、知ってた?
〜っ仕事辞めたんやって!」
「マジか!知らんかったー
にしても急やな、なんで?」
「なんか、上司が大変やし、仕事も嫌いで、給料も低いし、不眠症なるし……てな感じ」

 

このような会話は日本でも日常的している会話だと思いますが、
要するに「日常英会話ができる」というのは、このような会話が無理なくできるということです!

 

今日は、この1つのベーシックな日常会話の例を1つの模範パターンとして、
そこに出てくるよく使われる言葉を以下のように学び、実践してみました!

 

Activity==============

 

– 出だし

You know what? / Guess what?……知ってる?聞いてきいて!

– 相槌パート

What?

Are you serious?

No way!

What the heck?

Holy cow!

Oh my gash!

Oh my goodness……

 

– 質問パート

How come? (Whyは単純な理由だけで、これはその経緯なども暗に求めている)(カジュアル)

– 説明パート

箇条書きに短い文章を連ねる

– しめパート

Kind of a thing→kinda thing
Type of deal
Type of thing
Stuff like that
Something like that
Things like that
……ていう感じ

 

ーーーーーーーーーー

 

最後に、冒頭で挙げた例を全部英語に直すとこうなります。

 

“Hey! You know what? Looks like he just quit his job!”
“What? Are you serious? I didn’t know that. But it’s way sudden, how come?”
“Well, his boss is crazy, he doesn’t really like the job, his salary is not good, and stuff like that.

 

★計算 中級者むけ

Plus……足し算 1 plus1 is 2.
Minus ……引き算
Times……掛け算 2 times 2 is 4.
Divided by……割り算 Fifteen divided by four equals three with a remainder of three.(余りの計算も)

Decimal Point……小数点
Positive, negative……正の数、負の数
One tenth, two thirds….(分子(top)が位置より大きい場合は分母(bottom)は複数形の序数)
→例外……分母が2、4の場合は、half, quarter を使う

(偶数=even number, even numbered months
奇数=odd number…….
計算式=calculation formulae
分数=fraction
四捨五入=round the answer off to the nearest whole number
切り上げ=Round the answer up to the nearest whole number.
切り捨て=Round the answer down to the (nearest) 100
九九=multiplication table
尋ねる時=
What do you get if you add 3 and 8 together?
How much do you have if you take 3 out of 11?
What do you get if you multiply 5 and 7 together?
What’s 15 divided by 3?)

次にトランプを神経衰弱の要領で並べ、神経衰弱をする。

♦️=multiplication
❤️=division
♣️=addition
♠️=subtraction

– [x] 引いた二枚のうち大きい数のマークで二枚の数字を計算する。

– [x] 常に赤から黒に計算する

– [x] 割り算の時のみ通常の答えと、fraction も答える

2018.3.5 Monday : SB

19:30〜20:20 3students
20:30〜21:20 4students

 

★便利な日本語を教えよう

 

彼らは、ありがとう、こんにちは、など以外の普通に使う便利な日本語にきょうみがあります!

 

英語ではいろんなところで使える便利な言葉が沢山あります。
Kind of, Freak out, Just……

 

英語だけずるいな〜と感じるかもしれませんが、日本語にも同じことが言えるんです。

「どうも」
「居留守」
「よろしくお願いします」
「微妙」
「まじ卍」
⚠︎「中途半端」

 

このような日本語は英語に一言で訳すことができず、外国人からしたら、このような言葉を覚えたい!と思うようです。

今日は、これらの独特な日本語を海外の人に説明する練習をしました!

 

“Doumo ” means basically like, ……

 

★口癖

 

英語を話すときに、全部の文章をスラスラ〜と話せたらくろうはないですよね?

でも、そうすることはとても難しく、たとえネイティブであったとしても、どこかで詰まることはあります。
しかし、ネイティブが考えをまとめるために言葉に詰まっだとしても、日本人が英語で言い淀んだときのように気まずくなったりはしません。

なぜなのか?

大きな1つの要因は、そのような空白を埋めるために反射的に出てくる「口癖」です!

「そのぉ」「えーと」「だから」「なんていうか」「いやぁ」

 

Let me see……そうだなぁ

Well……うーん

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Kind of……〜的な、みたいなかんじ、まあまあ(一言で言える)
* Are you hungry? Kind of……お腹空いてる?まあまあ

Just……ただ、なんとなく

So……えーと(文章の最初に迷うときに頻出)

like……そのぉ、だからぁ、みたいなかんじ

(全体的に日本語訳は厳密ではなく、雰囲気的な訳の一例)

 

What sports do you want to play?(なんのスポーツしたい?)

→So……like……I just……wanna play……kind of ……like……yeah! tennis!.
(え〜と、そうだなぁ、何というか、あれだよあれ、そのぉ、そうだ!テニスがしたい!)

→I want to play………………………………………tennis.
(私は…………………………………………(5秒以上無言)テニスがしたい)

 

この2つの文書は言っていることは要するに「テニスがしたい」という文章ですが、
聞いていて受ける印象は全く違うはずです。

上は、何がしたいのか考えている間にいくつもの「口癖」か出てきて、10秒以上空白ができることなく、考えながら話せています。

しかし、下の方は口癖が一切なく、間に5秒以上の空白があります。

会話において5秒間の空白は致命的で、会話のリズムすら崩れてしまうかもしれません……

 

(アクティビティ1 : 簡単な質問をして、それに一言ではなく、一定の時間以上の時間をかけて答えてもらう。
アクティビティ2 : 10単語以上の文章を作ってもらい、その中に「口癖」を5個以上入れてもらう)

 

今回紹介したいくつかの「口癖」が、文字通り口癖のレベルになっていると、何か迷ったときに、とりあえずこれらを間に挟んで、不自然な「間」ができることを防げます!
それによって、話してる最中に頭が真っ白になることも少なくなり、余裕を持って自然に会話できるはずです!

2018.2.26 Monday : SB

19:30〜20:20 5students
20:30〜21:20 4students

 

★ディスカッションゲーム

 

ディスカッションをゲーム形式でやりました!

 

1. What, Which, When, Why, who, How, I guess,I suppose,I think, I believe, I wonderなど、キーワードカードを作りランダムに何枚かずつ配る。
2. テーマを伝えて、先生が最初にそれに対して意見を言う。
3. 生徒は全てのカードを使い切って、意見を言ったり、質問したりする必要がある。
4. 一回に消費できるカードは一枚まで
5. 最後までカードを持っていた人の負け

 

Theme : e-books or real books?
i-phone or Android?

 

★Feel のつかいかた

 

Feel like doing……〜したい気持ちがある
Feel like S V……〜っていう感じがする

 

Feel の混同しがちな代表的な用法です。上は、wantの雰囲気があると考えておけば大丈夫で、下はfeelの語感にもっと近いと思います。

 

以下、会話でどのようにfeelが使われるのかあげていきます!

 

Now I have a feeling of sushi? いける?

I feel like Sushi today!……今日は寿司の感じやは!

I just have a feeling……なんとなく(そんな気がする)

I got a feeling he would lose the game……彼は負ける予感がした

I don’t have any real feeling……実感がない

Mixed feeling……複雑な気持ち

I feel you……気持ちわかるよ

I’m feeling sick……病気のような気がする

Feel bad……悪いことしたなぁ

Now I feel better……いまは大丈夫!

Are you going No 2 ? Yeah I’m feeling it……大きい方?そうっぽいはぁ

 

日常会話では、思ってる以上にこの言葉が使われているので、マスターしていきましょう!