2018.11.12 Monday : G2

19:30〜20:20 2students
20:30〜21:20 2students

★京都観光おすすめ

先生を外国人観光客だと思って、観光案内してみるクラスでした!

Any personal must go place?

it’s raining outside…where should I go today?

Actually I’m free the whole day today…

I don’t really like a lot of people you know, but still wanna go out and see something Japanesey things.

外国人にオススメするていで、清水寺や嵐山、錦市場などの魅力を英語で説明しました!

色々な、京都の魅力が見えてきて、楽しかったです!

★不定詞と動名詞の違い

「〜すること」と言いたい時、学校ではふた通りの訳を習うと思います。

To do something
Doing something

この2つは全く同じでしょうか?
それとも意味が違ってくるんでしょうか??

以下のように考えてみると答えがわかってきます!

ーーー

To 不定詞の3つの用法
* 名詞用法
– I like to play soccer.
* 形容詞用法
– I want something to drink. [ための」
* 副詞用法
– I went to Kyoto to meet my friend. [目的]
– I’m glad to see you. [原因]
– その他いろいろ……

To の 一番コアな意味は、「方向」です。言い換えるなら矢印「→」です。

I like → play soccer.
I want something → drink.
I went to Kyoto → meet my friend.
I’m glad → see you.

→に置き換えると、全部「方向」の意味なんだとわかりやすいと思います。

不定詞の意味は全部「方向」の概念が影響しています。

ーーー

Ing の4つの用法
* 進行形
* 動名詞
* 現在分詞修飾
– Can you see the boy playing soccer?……
* 分詞構文
– I can beat you closing my eyes.
– I saw a bear, running in the park.

対するing 動名詞は、ingのコアイメージが大事です。
同じ「〜すること」でも、to を使った場合とは違います。

Ing はそもそも「現在進行形」というイメージが強いですが、それは1つの枝葉の意味にすぎません。
むしろコアイメージは「リアリティ」と考えたほうがいいです。
あるいは日本語にするなら「動作が起こり続けているさま」です。

なにかが目の前でリアルに行われ続けてていたり、写真で見るようにリアルに伝わる何かです。

I play soccer.
I’m playing soccer.

この2つの文章の違いは、前者はただの説明、後者は「私は、『サッカーをプレイする』というリアリティ(よりリアルな状況)です」というニュアンスに本来近いです。

「私」=「リアルにサッカーをする」「サッカーをし続けている」

だから目の前でリアルに現在進行している動作を、ing は表すんです。

分詞構文なども、難しく聞こえてますが、ingのイメージさえあれば、この文法をんすれていても、簡単に訳すことができます!

ーーー

To と Ing の違い

Tried to open the box.
Tried opening the box.

この2つの文章は、意味が全く違う、置き換えられない例です。

上は、「箱を開ける」に 向かって トライしただけなので、まだ開いてません!

下は、「リアルに開けている」行動自体をトライしたので、もう開いてます!

文章の意味自体が全然違いますね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中