2018.10.28 Sunday: G1, PP

1100-1150 3 students G1

1200-1250 2 students G1

1300-1350 3 students PP

 

Thanks as always for coming to my class!

Lemme summarize what we studied today.

 

G1: これまでの復習(過去形の”距離感”と現在完了との違い)

今日はまず過去時制の持つ「距離感」のイメージを復習しました。

「現在→過去」の距離感から「心理的距離感」の意味が生じる例として、助動詞の過去形を用いる丁寧表現というのがありました。

例:Could you do me a favor? など

また、過去形の距離感は、「非現実感」ともつながっていました。

wish + S + V過去形 で、「現実に起こりそうにないことに対する願望」を表せます。

例:I wish I didn’t have to work. / I wish you were here. / I wish I had more time. など

 

過去形は「過去の出来事は”過ぎ去ってしまったもの”」という態度で、現在の状態とは切り離してその出来事について述べる働きがあります。一方、現在完了は(「現在」という名の通り)、「過去に起きたある出来事が何らかの形で現在に関係していること」を含意します。

例えば、次の文脈を考えてみましょう。

サザエさんは買い物に行きましたが、財布を家に忘れてしまいました。サザエさんが外出してすぐ、マスオさんがサザエさんの財布を今のテーブルで発見します。そこでマスオさんの一言、「サザエ、財布おいてっちゃった!」

She has left her wallet.

財布は今もサザエさんの手元にない状況で、困ったシチェーションが現在も続いているので、ここは現在完了です。

 

次の文脈。

サザエさんは昨日買い物に行きましたが、愉快なサザエさんは財布を家に忘れていってしまいました。カツオくんがそれに気づいて届けたようです。

さて、今朝になって、カツオくんがマスオさんにその出来事を報告します。

She left her wallet.

ここは単純過去形です。それは、この一連の出来事が昨日完結してしまった出来事で、財布は今サザエさんの手元にあり、困った状況も解決されているからです。

 

G1その2:SVC、SVO、SV

先週のSVC文型の復習に始まり、自動詞・他動詞の区別や能動態・受動態の選択に関わるいろいろな話をしました。

 

まず、自動詞と他動詞の区別の練習として、以下のような文の構造を考えました。

Ostriches don’t fly. →「飛ぶ」という自動詞

Kids were flying paper planes in the park. →「~を飛ぶ」という他動詞

以前にも出した文ですが、flyを自動詞と捉えるか他動詞と捉えるかで、次のとても良く似た2つの文の意味が微妙に変わってきます。

Flying planes are dangerous. 飛んでいる飛行機は危険だ。

Flying planes is dangerous. 飛行機を飛ばすことは危険だ。

 

また、英語の場合、受身文は他動詞構文から生まれます。普段形容詞として使っている語も、もとは他動詞であることがよくあります。

She is an interesting person. / I’m interested in this field.

→もとはinterest「興味をもたせる」「関心を抱かせる」という他動詞。

Her visit was surprising. / I was really surprised.

→もとはsurprise「驚かせる」という他動詞。

動作を行う側と受ける側とで現在分詞・過去分詞を使い分けるというお話でした。

 

PP:upを用いたいろいろな表現

今日は詰め込み気味で頑張ってしまいましたが、upを用いた色々な表現を紹介しました。

give up (O), give up on 人:(~を)諦める、~を手放す・譲る、(人)を見切る

show up: 姿を現す

wrap up: 衣服にくるまる、~をまとめ上げる・終わらせる

turn up: ステレオや暖房などのツマミをまわして音量や温度を上げる

speak up: 声を大きくする、思い切って意見する・主張する

V+up : ~し尽くす(drink up, eat up, burn up, use upなど)

 

次回はG1、PPともに復習回です。

文法は、現在完了のお話をもう少しして、時間が有る限り「進行形」や「受身」のお話をしたいなと思います。

PPは、これまでバラバラと扱ってきた願望動詞(want, would like to, hope, wish)をまとめて紹介し直す予定です。

 

そして少し先のことなのですが、11月25日の授業はお休みをいただく予定ですので、申し訳ありませんがご了承願えましたら幸いです!

 

それではSee you next time!

 

Iku

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中